協和発酵のグルコサミンで関節痛改善 ~ 栄養素の博識王になる ~

老人

減らすために

笑顔

人間の体内には2つのコレステロールが存在します。これらはもともとある成分のため、生きるために大切な成分の一つです。コレステロールの一つであるHDLコレステロールは、善玉コレステロールといわれ、血液のコレステロールを運ぶ役割を果たす役割をもった成分です。この成分が不足するとコレステロールが肝臓にいかないため、動脈硬化になる可能性もあります。もう一つのコレステロール、ldlコレステロールは悪玉コレステロールといわれ、善玉コレステロールとは反対に肝臓からコレステロールを血液中に送る効果があります。善玉コレステロールは不足すると、悪影響になりますが、ldlコレステロールは増え過ぎると問題になります。

ldlコレステロールが増えすぎると、高脂血症になったりすることもあるため、できるだけこの成分は増え過ぎないように気をつける必要があります。ldlコレステロールを抑えるなら、食事の改善をする必要があります。これにはldlコレステロールの増え過ぎによって、食事が関わってきます。そのため、食生活を改善するとldlが少しずつ減ってきます。ldlコレステロールを減らす栄養もあります。それが、DHAとEPAで青魚に沢山含まれている成分ですが、どうしても魚を食べるだけではこの2つの成分を沢山摂取することはできません。そのため、DHAやEPAの含まれているサプリメントを活用することが大切です。それらのサプリメントには、DHAやEPAが大量に含まれています。